政府、少子化対策で国民負担増へ

炎上1

政府は、少子化対策の財源として、新たに1兆円の「支援金制度」を創設する方針を固めた。そのうち、2026年度は6千億円を医療保険料に上乗せして徴収する。

年3・6兆円規模の少子化対策の財源の一つで、医療保険料とあわせて集める「子ども・子育て支援金」をめぐり、政府は、初年度の2026年度に約6千億円を徴収する方針を固めた。







https://news.livedoor.com/article/detail/25805661/


政府が、少子化対策の財源確保のために、医療保険料に上乗せして徴収する「支援金制度」を創設するらしいな。





スポンサーサイト