政府、被災者支援に600万円追加

炎上3

2024年2月1日、政府は能登半島地震の被災者支援として、最大600万円を支給する方針を固めた。現行制度では最大300万円。
対象は、高齢者世帯や障害者がいる世帯など、生活再建に特に困難を抱えていると認められる世帯。


政府は1日、能登半島地震の「復旧・復興支援本部」(本部長・岸田文雄首相)の初会合を首相官邸で開いた。首相は、被災者の生活再建を支援するため高齢者世帯などに最大300万円を支給する制度の創設を表明した。現行の支援制度による最大300万円と合わせて、最大600万円の支給が可能となる。







https://news.livedoor.com/article/detail/25805727/


能登半島地震の被災者支援として、政府が最大600万円の支援金支給を発表した。現行の300万円から倍増となる。





スポンサーサイト