維新・馬場代表、政策活動費廃止で岸田首相に迫る

岸田首相

日本維新の会の馬場元総務会長は、1月24日の衆院代表質問で、国会議員の政策活動費の廃止を求めた。馬場氏は、政策活動費は「政治家の私腹を肥やすためのもの」であり、国民の税金の無駄遣いだと批判した。
岸田首相は、政策活動費は「国政の健全な運営のために必要なもの」と答弁した。しかし、馬場氏は、政策活動費の使途をより透明化し、国民の監視を強化すべきだと主張した。


衆議院本会議で行われた代表質問で日本維新の会の馬場代表は、政治とカネの問題に絡み、政党が議員に支給する政策活動費について、「使途が追えずヤミ金を生み出している」として廃止すべきと岸田首相に迫りました。日本維新の会・馬場代表「政策活動費は使途が追えず、政治資金の支出の適正性が確保できない点が問題となっています。ヤミ金を生み出す現行の政策活動費制度は廃止し、将来的な公開や外部監査の強化等を前提とした新たな制度を構築すべきと考えます」









岸田首相「各党各会派の真摯な議論を経て、各政治団体共通のルールを定めていくことが重要であると考えます。我が党としても、このような議論について真摯に対応していく所存です」また、馬場代表は、自民党の政治刷新本部の中間とりまとめについて「派閥解消を政治改革の中心に据える動きが加速している」とした上で、「本筋は裏金問題」であり「めくらまし」だと批判しました。これに対し岸田首相は、「不記載の温床は政策集団によるパーティー」だとした上で、自民党では派閥から「お金と人事」を完全に決別するとしたことで、「めくらましとの批判は当たらない」と反論しました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25805733/


ええ、わかりました。

維新の会・馬場代表が、政策活動費の廃止を岸田首相に迫ったんやな。

まぁ、維新は前から政策活動費の廃止を主張しとったからな、今回もその一環やろうな。

政策活動費ってのは、国会議員が政策立案や政治活動を行うために支給されるお金なんや。

金額は、議員の所属する会派や議員の役職によって異なり、年間数千万円から数億円に上ることもある。

維新は、この政策活動費が「議員の私物化」につながっていると批判し、廃止を求めている。

たしかに、政策活動費は議員の私的な活動にも使われていることは事実や。

例えば、議員の政治団体の運営費や、議員の事務所の賃料、議員の秘書の人件費などに充てられることもある。

また、政策活動費は、議員の選挙活動にも使われることがあり、これも批判の対象となっている。

しかし、政策活動費を廃止すれば、議員の活動が制限されるという懸念もある。

議員は、政策立案や政治活動を行うために、専門家やスタッフの協力を得る必要があり、そのための費用が必要になる。

政策活動費がなければ、議員は自分の私財を充てざるを得ず、それによって議員の活動が偏ったり、質が低下したりする可能性がある。

また、政策活動費の廃止は、議員の政治活動の自由を侵害するのではないかという指摘もある。

議員は、国民の代表として、自由に政治活動を行う権利を持っている。

政策活動費の廃止によって、議員の政治活動の自由が制限されれば、国民の政治参加の機会が狭まるという懸念がある。

このように、政策活動費の廃止には、賛否両論がある。

維新の主張は、一見すると正論に思えるが、実際にはそう簡単な問題ではない。

政策活動費の廃止を検討する際には、上記のような問題点を十分に考慮する必要があるだろう。

さて、維新の馬場代表は、政策活動費の廃止を岸田首相に迫ったが、岸田首相は「現時点では廃止する考えはない」と明言した。

維新は、政策活動費の廃止を実現するために、今後も岸田政権に圧力をかけていくだろう。

しかし、岸田首相が方針を転換する可能性は低いと考えられる。

そのため、維新は、政策活動費の廃止を実現するために、別の方法を模索することになるかもしれない。

例えば、政策活動費の透明性や適正性を高めるなどの改革を進めることで、政策活動費に対する国民の不信感を解消し、廃止に向けた機運を醸成しようとすることも考えられる。

いずれにしても、政策活動費の廃止は、今後も政治の大きな争点となることは間違いない。

維新の馬場代表が、政策活動費の廃止を実現するために、どのような戦略をとっていくのか、今後の動向に注目していきたい。





スポンサーサイト