「開かずの踏切」の視察は、政治家たちのパフォーマンスだったのか?

炎上3

2001年2月1日、森喜朗首相と石原慎太郎東京都知事が、京急蒲田駅付近の「開かずの踏切」を視察しました。この踏切は、羽田空港へのアクセス道路に位置し、渋滞の激しい場所として知られています。

■2001年2月1日森首相と石原都知事が、京急蒲田駅付近で渋滞を引き起こしていた「開かずの踏切」を視察しました。ここは羽田空港につながる渋滞の激しい場所で、石原知事は一刻も早くと森首相に事業の前倒しを要請しました。この視察を受け工期の前倒しが指示され、2012年10月に付近の全線高架化が実現しました。◇ ◇ ◇【永田町365】は日本テレビのライブラリーにある秘蔵映像から、その日にどんな政治ニュースがあったか紹介するアーカイブニュースです。







https://news.livedoor.com/article/detail/25805885/


開かずの踏切視察は、政治家たちのパフォーマンスだったのか?

最近、開かずの踏切の視察をする政治家が増えてきた。これは、開かずの踏切が地域住民の生活を脅かす問題であることから、政治家がその問題を認識し、解決に向けて取り組んでいる姿勢を見せるためだろう。

しかし、その一方で、政治家たちの視察がパフォーマンスに過ぎないという批判も少なくない。

確かに、開かずの踏切の視察は、政治家にとって良いイメージアップの材料となる。視察の様子をマスコミに報道してもらえば、政治家は「地域の声に耳を傾け、問題解決に取り組む姿勢を見せる」という好印象を与えることができる。

しかし、視察だけで問題が解決するわけではない。開かずの踏切を解消するためには、多額の費用と時間が必要となる。政治家が視察をするだけで、本当に問題解決に取り組む姿勢を見せていると言えるのか疑問が残る。

実際、開かずの踏切の視察をした政治家の中にも、その後、具体的な取り組みをしたことがない人も少なくない。

例えば、ある政治家は、開かずの踏切の視察をした後、すぐに工事の予算を計上すると発表した。しかし、その後、予算は計上されず、踏切の解消は進まなかった。

また、別の政治家は、開かずの踏切の視察をした後、地元の住民と意見交換を行った。しかし、その意見交換は形だけのものに過ぎず、住民の意見が踏切の解消に反映されることはなかった。

このようなことから、政治家たちの開かずの踏切視察は、単なるパフォーマンスに過ぎないという批判が根強い。

もちろん、すべての政治家がそうであるとは限らない。中には、本当に開かずの踏切の問題を解決するために、真剣に取り組んでいる政治家もいるだろう。

しかし、政治家たちの開かずの踏切視察を見ただけでは、それがパフォーマンスなのか、それとも真剣な取り組みなのかを見分けるのは難しい。

政治家たちが開かずの踏切視察をするのであれば、視察だけで終わるのではなく、その後も具体的な取り組みを継続していくことが重要だ。





スポンサーサイト