万博の開催は、新型コロナウイルス感染症の再拡大や、ウクライナ情勢の悪化など、不確実な要素が多い!

岸田首相

万博の開催費用は、当初予定の1兆円から1.6兆円に膨らんでいる。
万博の開催は、大阪の財政を圧迫する可能性がある。


岸田文雄首相は1日、衆院本会議の代表質問で、2025年大阪・関西万博について「来年4月からの開催に向け、オールジャパンで着実に準備を進める」と述べ、予定通り開催する方針を改めて強調した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25806068/


まぁ、大阪万博の開催は、コロナやウクライナ情勢など、不確実な要素が多いんとちゃうか?

コロナは、ようやく収束に向かってたけど、また感染者が増えてきとるやん。万博の開催時期は、夏休みやし、子供たちが集まるんやから、また感染が拡大する可能性は高い。そうなったら、万博の開催自体が危うくなるかもしれへん。

ウクライナ情勢も、まだ収束の気配が見えへん。万博の開催時期は、秋やけど、戦争が長引いたら、万博への影響も出るかもしれへん。

こんな不確実な要素が多い中で、万博を開催するのは、ちょっと危険やと思うわ。

特に、コロナは、万博の開催に大きな影響を与える可能性がある。コロナが拡大したら、万博会場への入場制限や、イベントの縮小・中止など、さまざまな影響が出てくる。そうなったら、万博の楽しみが半減してしまうわ。

また、コロナの影響で、海外からの来場者が減る可能性もある。海外からの来場者は、万博の収益の重要な柱やから、来場者が減ったら、収益が減少して、万博の運営に影響が出る可能性もある。

ウクライナ情勢も、万博への影響が懸念される。ウクライナ情勢が悪化したら、世界経済が不安定になる可能性がある。そうなったら、万博への投資が減ったり、企業の撤退が相次いだりして、万博の開催が困難になる可能性もある。

こんなリスクがある中で、万博を開催するのは、ちょっと無謀やと思うわ。

万博を成功させるためには、コロナとウクライナ情勢の両方をうまくコントロールする必要がある。しかし、コロナは、いつ再拡大するかわからないし、ウクライナ情勢は、いつ収束するかわからない。

万博の開催を決めた人たちは、こんなリスクを十分に理解した上で、万博を開催する決断をしたんやろう。しかし、万博の成功を願う人たちにとっては、ちょっと不安な話やな。

万博が成功することを願ってるけど、コロナとウクライナ情勢の状況によっては、万博の開催が危ぶまれる可能性もある。万博の開催を決めた人たちには、万博の成功のために、万博のリスクをしっかり管理してほしいわ。





スポンサーサイト