安倍派、45年の歴史に幕

派閥

自民党の安倍派は1日、派閥の総会を開き、政治団体の解散に向けて残務処理を行う「清算管理委員会」の設置を決めました。安倍派はこの総会をもって事実上の解散となります。
安倍派は、過去5年間でおよそ6億8000万円に上るキックバックの不記載が明らかになっています。この問題を受け、安倍派は解散を表明しました。
総会では、派閥幹部に責任を問う声も聞かれました。塩谷立座長は「重く受け止める」としたうえで残務処理がすべて終わった後に自らの進退を判断する考えを示しました。


解散を決めた自民党最大派閥の「安倍派」が、最後の議員総会を開きました。安倍派の議員からは、「幹部の責任は重い」との声があがるなど、不満がくすぶっています。    ◇“清廉な政治は人民を穏やかにする”――この意味が込められていたはずの清和政策研究会、通称「安倍派」が、“裏金事件”をきっかけに、45年の歴史に幕をおろします。1日、自民党本部で「安倍派」最後の議員総会が開かれました。塩谷座長は、キックバックなどの不記載、いわゆる“裏金”について…









“裏金”234万円 塩谷座長「長年にわたる事務的なミスリードによって、先生方に誤った処理を続けてきたことについても、重ねておわびを申し上げたい」こう述べ、謝罪したうえで、開会のあいさつをしましたが……“裏金”234万円 塩谷座長「清和研(安倍派)の最後の総会のご挨拶とさせていただきます。誠にありがとうございました」会場の議員たちは、まばらな拍手で応えました。最後の総会では、新たに「清算管理委員会」を作り、解散に向けた事務作業を行うほか、派閥に残金があった場合は、公的機関へ寄付などを行うことが決まりました。    ◇最後の総会を終えた議員は…“裏金”2057万円 橋本聖子元五輪相「一つの大きなけじめとして、こういった日を迎えるということは、当然だったと思います」――総会で、幹部の責任を問う声は出た? “裏金”1051万円 松野前官房長官「責任論、今後どういうふうな形で議論していくのかという声はありましたが、それに関して方向が決まってきたということはありません」――また改めて集まる?“裏金”1051万円 松野前官房長官「それはもう…お互い…それぞれ個々」“裏金”204万円 松川るい議員「やっぱり、幹部の責任は重いのではないか、と私は思っております。」――幹部の説明責任は尽くされたと思いますか?“裏金”204万円 松川るい議員「私は、不十分だと思います」派閥内から、幹部への不満がくすぶるなか、派閥の解散後、塩谷氏や、いわゆる「5人衆」など、安倍派幹部が説明責任や政治責任を果たしていくかが焦点となってきます。この“裏金議員”の処分をめぐっては、1日の国会でも…立憲民主党 水岡参院会長「“裏金議員”は、明らかに議員辞職に値します。自民党は過去に、緊急事態宣言下で銀座のクラブに行っていた議員を離党させました。今回の裏金議員は、それよりもよっぽど悪質なのに、離党も除名も辞職もしない。これは一体どういうことでしょうか」岸田首相「派閥を解散した場合であっても、 関係者の説明責任がなくなるというものではない、と考えております」野党は、今後も追及を続けて行く方針です。





https://news.livedoor.com/article/detail/25806100/


おいおい、安倍派が解散しちまったな。45年の歴史に幕って、ええ加減なことしやがって。

最初は、安倍晋三氏が率いる派閥として、勢力を誇っていたんやろ。安倍氏が首相を務めていた時期は、安倍派出身の閣僚も多く、自民党内の主導権を握っていた。しかし、安倍氏が辞任したことで、安倍派の勢力も徐々に衰退していき、ついに解散に追い込まれた。

安倍派の解散は、自民党にとっても大きな痛手になる。安倍派は、保守派の牙城として、自民党内の政治を牽引してきた。安倍派が解散したことで、保守派の勢力は弱体化し、自民党内のバランスが崩れる恐れがある。

安倍派の解散は、政治資金問題が原因で起こった。安倍派は、政治資金収支報告書に記載せず、パーティー券収入を「ないこと」にしていた。さらに、そのパーティー券収入を、所属議員へのキックバックに充てていた。

この政治資金問題は、安倍氏の政治的なイメージを大きく傷つけた。安倍氏は、政治資金問題への関与を否定していたが、国民の信頼を回復することはできなかった。

安倍派の解散は、安倍氏の政治的な失墜を象徴する出来事でもある。安倍氏は、首相を辞任した後も、自民党内での影響力を維持しようとしていた。しかし、政治資金問題によって、その野望は完全に打ち砕かれた。

安倍派の解散は、日本の政治にとっても大きな意味を持つ。安倍氏の政治的な失墜は、日本の政治の変化を象徴する出来事でもある。

安倍氏は、日本の政治を大きく変えた政治家だった。しかし、その政治は、政治資金問題によって、大きな汚点が残されることになった。安倍氏の政治的な失墜は、日本の政治の転換点となるだろう。

安倍派の解散は、日本の政治にとって、大きなマイナスとなる。安倍派は、保守派の牙城として、自民党内の政治を牽引してきた。安倍派が解散したことで、保守派の勢力は弱体化し、自民党内のバランスが崩れる恐れがある。

さらに、安倍派の解散は、日本の政治の信頼を失墜させる。政治資金問題は、日本の政治の腐敗を象徴する出来事である。安倍派の解散は、日本の政治の汚点として、長く記憶されるだろう。

安倍派の解散は、日本の政治にとって、大きな損失となる。安倍派の解散をきっかけに、日本の政治がより良い方向に向かうことを願いたい。





スポンサーサイト