能登半島地震から1カ月、政府が生活再建支援に最大600万円追加

どこまで腐ってんだてめぇらは

2024年2月1日、岸田文雄首相は、能登半島地震の被災者の生活再建支援を目的として、高齢者世帯などに最大600万円を追加支給する方針を表明した。これは、政府がこれまでに発表していた支援策に上乗せされるものであり、被災者の経済的負担を軽減し、早期の生活再建を支援する狙いがある。
能登半島地震の被災者であること
世帯主が65歳以上であること
住宅の全壊、半壊、または大規模半壊であること
支給額は、世帯主の年齢や収入、住宅の被害状況などによって異なる。


政府は1日、能登半島地震からの生活再建を支援するため、高齢者世帯などに最大600万円を支給する方針を決めた。現行制度の最大300万円から増額し、住宅などの被害が大きく高齢化も進む地域の復興に向けた追加支援とする。支給対象は石川県の輪島市、珠洲市、能登町など6市町を中心とする地域で、住宅が半壊以上の被害を受けた高齢者(65歳以上)や障害者のいる世帯。国が県に代わって復旧を担う権限代行制度を能登空港や石川、富山両県の8港湾、石川県の3海岸でも適用する。







https://news.livedoor.com/article/detail/25805208/


ようやく、能登半島地震から1カ月で、政府が被災者の生活再建支援に最大600万円を追加することになったんやな。

でも、正直、これって「ようやく」やと思うねん。

何でって言うたら、能登半島地震は去年の12月28日に起きたやん。それから1カ月も経ってから、ようやく支援策が決まったんや。

被災者の人たちは、その間、どんな思いで過ごしていたんやろうか。

家や仕事、大切なものを失って、生活が一変したんやろう。

それでも、必死に生活再建のために頑張ってきたんやろう。

そんな人たちを、政府はもっと早く支援すべきやったんやと思うねん。

しかも、今回追加された支援金は、最大600万円って言うけど、現行制度では最大300万円やん。

それなのに、600万円って言うから、すごく多そうに思えるけど、実際は、家を建て直すのにも足りない額やろう。

被災者の人たちは、これから、まだ長い道のりが待っているんやろう。

政府は、もっとしっかりとした支援策を打ち出して、被災者の人たちが一日も早く生活再建できるようにしてほしい。

それから、もう一つ、気になることがあるんや。

今回の支援策は、高齢者世帯や障害者がいる世帯が対象やん。

それ以外の世帯は、対象外になるんや。

でも、能登半島地震の被害は、高齢者世帯や障害者がいる世帯だけに限ったことじゃないんや。

若い世帯も、家や仕事、大切なものを失って、生活が一変したんやろう。

そういう世帯も、しっかりと支援されるべきやと思うねん。

政府は、対象を広げて、すべての被災者の人たちが支援を受けられるようにしてほしい。

能登半島地震は、日本に大きな被害をもたらした地震だった。

政府は、今回の支援策をきっかけに、災害対策を見直して、被災者の人たちが安心して暮らせる社会をつくってほしい。





スポンサーサイト