立民、自民議席超えを鮮明に

バーカ、バーカ

立憲民主党は、2024年1月30日に公表した2024年度の活動計画案で、次期衆院選で「可能な野党間連携を進めつつ、自民党を超える第1党となる議席の確保を全力で追求する」と明記した。
この目標は、立民が前回の衆院選で獲得した議席数(105議席)よりも大幅に多い。立民が自民党を超える議席数を獲得するには、野党間の連携強化や、国民の支持を広げる戦略が不可欠となる。


立憲民主党の2024年度の活動計画案が30日判明した。次期衆院選で「可能な野党間連携を進めつつ、自民党を超える第1党となる議席の確保を全力で追求する」と明記。原案段階の「与党の過半数割れを全力で追求する」との表現を強め、政権交代を目指す姿勢を鮮明にした。2月4日の党大会で採択する。関係者が明らかにした。







https://news.livedoor.com/article/detail/25792321/


はよう、おおきに。

立憲民主党が、次期衆院選で自民党を超える議席を獲得することを目標に掲げたんやな。

いやあ、立民の野田佳彦代表、気合い入ってんなあ。

でも、ちょっと待てよ。立民って、これまで何度も政権交代を訴えてきたけど、ことごとく失敗してきたやん。

2017年の衆院選では、立民は23議席を獲得して、野党第一党に躍り出た。

当時は、立民の台頭で、政権交代が現実味を帯びるんじゃないかと、多くの人が期待したんや。

でも、2021年の衆院選では、立民は130議席に後退して、野党第二党に転落した。

この結果を受けて、立民は党内改革を進め、野党共闘を強化してきた。

その結果、2023年の参院選では、立民は53議席を獲得して、参議院で第一党となった。

この結果を受けて、立民は次期衆院選で、自民党を超える議席を獲得して、政権交代を実現するという目標を掲げたんや。

でも、俺はちょっと疑問に思うんや。

立民は、これまで何度も政権交代を訴えてきたけど、ことごとく失敗してきた。

その原因は、立民の政策が国民に支持されなかったからや。

立民は、社会保障の拡充や、格差是正などの政策を掲げてきた。

でも、これらの政策は、国民の支持を十分に得られなかった。

その理由は、立民の政策が、国民の現実感とかけ離れていたからや。

立民の政策は、理想論に過ぎず、現実的な解決策を提示できていなかった。

また、立民は、政治家としての資質が問われているとも言える。

立民には、国民の声を代弁できる政治家が少ない。

立民の政治家は、政治家としての経験や実績が不足している。

また、立民の政治家は、国民の信頼を獲得できていない。

1つ目の課題は、国民に支持される政策を打ち出すことや。

立民は、社会保障の拡充や、格差是正などの政策を掲げてきた。

でも、これらの政策は、国民の現実感とかけ離れていた。

立民は、国民の現実をしっかりと把握し、国民の支持を得られる政策を打ち出していく必要があると思うんや。

2つ目の課題は、政治家としての資質を磨くことや。

立民には、国民の声を代弁できる政治家が少ない。

立民の政治家は、政治家としての経験や実績が不足している。

また、立民の政治家は、国民の信頼を獲得できていない。

立民は、政治家としての資質を磨き、国民の信頼を得られる政治家を育成していく必要があると思うんや。

3つ目の課題は、野党共闘を強化することや。

立民は、野党共闘を強化してきた。

その結果、2023年の参院選では、立民は参議院で第一党となった。

でも、立民が次期衆院選で自民党を超える議席を獲得するためには、野党共闘をさらに強化していく必要があると思うんや。

立民は、これらの課題を克服し、国民の支持を得られる政党になれば、次期衆院選で自民党を超える議席を獲得して、政権交代を実現できるかもしれない。

でも、立民は、これまで何度も政権交代を訴えてきたけど、ことごとく失敗してきた。

立民が、本当に政権交代を実現できるのかどうか、注目していきたいと思うんや。





スポンサーサイト