茂木派、政策集団への移行で混乱の拡大は避けられるか?

炎上1

自民党幹事長の茂木敏充氏は、自民党の派閥を政策集団に移行する方針を打ち出した。これを受け、茂木派は30日に意見交換会を開き、派閥の在り方を協議する。

自民党の茂木敏充幹事長は29日の記者会見で、自身が率いる茂木派について「いわゆる派閥としては解消し、新たな政策集団に脱皮する」と述べ、運営方法を見直す考えを示した。







https://news.livedoor.com/article/detail/25784423/


いや、それは無理やろ。

茂木派はもともと、茂木敏充幹事長を慕う議員たちが集まった派閥やからな。同じ志を持って集まったんやから、政策でまとまるはずがない。

しかも、茂木派は岸田派の分裂派やからな。岸田派は、岸田文雄首相を支持する派閥やから、茂木派は首相派閥と対立する立場になる。

そうなると、政策集団になっても、首相派閥と対立する政策を掲げざるを得なくなる。そうなったら、自民党内で混乱は必至やろ。

そもそも、茂木派は、派閥としてまとまりがない。茂木幹事長を慕う議員たちではあるけど、政策や政治姿勢はバラバラやからな。

だから、政策集団になっても、派閥としてのまとまりは生まれない。そうなったら、混乱は拡大する一方やろ。

茂木派の政策集団への移行は、自民党内を混乱させるだけの無駄な動きやと思う。

ボコボコ叩く

茂木派は、派閥としてまとまりがない。

政策集団になっても、派閥としてのまとまりは生まれない。

首相派閥と対立する政策を掲げざるを得ない。

そうなったら、自民党内を混乱させる。

結論

茂木派の政策集団への移行は、自民党内を混乱させるだけの無駄な動きやと思う。





スポンサーサイト