裏金事件の実態解明、首相がヒアリング指示 自民党が枠組み作成

バーカ

2024年1月29日、衆参予算委員会で、安倍晋三首相が、裏金事件の実態解明に向け、関係者に対するヒアリングを行う枠組みの作成を指示した。
この事件は、2023年12月に、複数の閣僚が裏金疑惑で辞任したことをきっかけに、発覚した。首相は、事件の責任を重く受け止め、実態解明に全力を挙げるとしている。
今回のヒアリングは、自民党が枠組みを作成して実施する。対象者は、閣僚や関係省庁の職員など、事件に関与した可能性がある人物とされる。


衆参両院の予算委員会は29日、自民党派閥の裏金事件を受けた政治資金問題に関する集中審議を開いた。岸田文雄首相は再発防止に向け、会計責任者と同様の責任を議員に負わせる「連座制」の導入に関して「厳正な責任体制を確立するという観点から、連座制を含めて党として考え方をまとめ、各党ともしっかり議論を行っていきたい」と述べた。事件の実態把握に向け、関係者にヒアリングを行う枠組みを作るよう党幹部に指示したことも明らかにした。







https://news.livedoor.com/article/detail/25785732/


岸田総理が、自民党の派閥パーティーをめぐる裏金事件の実態解明のために、関係者にヒアリングする枠組みを作るよう幹部に指示したんやな。





スポンサーサイト