ひろゆき氏、中学受験は「かけ算九九」に例えて批判

炎上1
実業家のひろゆき氏が、中学受験は「かけ算九九」に例えて批判した。
氏は、2024年1月26日に放送されたテレビ番組で、「中学受験はいらないと思っている」と述べた。その理由として、氏は「発育の状況が子供によって違う」と指摘。


ひろゆきさん、お前、何を言うとんねん。中学受験を「かけ算九九」に例えて批判するなんて、アホか?

かけ算九九は、誰でもいつかはできるようになる基礎的な知識や技能や。でも、中学受験は、その子の将来の進路や可能性を大きく左右する重要なイベントやで。

ひろゆきさんは、発育の状況が子供によって違うから、中学受験は必要ないっていうんやろ?でも、それって、発育が遅い子や、勉強が苦手な子に対して、不利な状況を作り出すことになるやん。

中学受験は、もちろん、勉強や努力が必要なわけや。でも、それ以上に、その子の意欲やチャレンジ精神を育む場でもあるんや。

ひろゆきさんは、中学受験に反対する理由として、「成長によって抽象的な概念が理解できるかどうかという差がある」って言うてるんやけど、それって、中学受験だけの問題じゃないやろ。

大学受験でも、就職活動でも、社会に出ても、常にそういう差は存在するわけや。それらを乗り越えるために、努力や工夫が必要や。

ひろゆきさんは、中学受験を「かけ算九九」に例えて批判するけど、それは、中学受験の意味や価値を根本的に理解できてない証拠やと思う。

中学受験は、決して誰にでもできるわけじゃない。でも、その分、その子にとって大きな成長の機会になるわけや。

ひろゆきさん、中学受験を批判する前に、もっと勉強しなおしたほうがええで。





スポンサーサイト