岸田首相、中小賃上げに本気?

岸田首相
政府と経済界、労働界の三者による「政労使会議」が1月22日に開かれ、岸田首相は昨年を上回る賃上げの実現に向けて協力を要請した。また、中小・小規模企業の賃上げも不可欠だとして、人件費の価格転嫁対策に全力で取り組む考えを強調した。
この会議は、春闘がスタートする1月に開催された点が異例だ。岸田首相が賃上げに本気で取り組んでいることを示す意図とみられる。



政府は22日、今週スタートする2024年春闘に向け、政府、労働界、経済界代表による「政労使会議」を首相官邸で開き、持続的な賃上げ実現の重要性を確認した。



政労使、持続的賃上げ確認=岸田首相「昨年上回る水準を」―春闘前、中小波及へ異例開催


岸田首相、中小賃上げに本気か?

んなわけねーわ!

中小企業の経営者やったら、賃上げなんかしたくねえよな。

給料上げたら、当然経費が増える。

経費が増えたら、利益が減る。

利益が減ったら、経営が苦しくなる。

経営が苦しくなったそしたら、潰れるかもしれない。

潰れたら、従業員も路頭に迷う。

だから、中小企業の経営者からしたら、賃上げなんてできるわけねーわ。

岸田首相も分かってんねん。

だから、賃上げを促すために、税制優遇を打ち出したんや。

でも、それじゃあ、中小企業の経営者からしたら、賃上げする理由にはならん。

だって、税制優遇で得られる利益は、賃上げに充てられるだけじゃねえ。

経営者の懐に、いくらかは入るわけや。

だから、中小企業の賃上げは、岸田首相の口だけなんや。

本気で中小企業の賃上げを促すんやったら、もっと具体的な対策を打ち出さないと。

例えば、中小企業の労働生産性を上げるとか、中小企業の販路拡大を支援するとか。

そうすれば、中小企業の経営者が、賃上げしても経営が苦しくならず、従業員の給料も上がるって思えるやろ。

岸田首相、もっと真剣に考えろよ!





スポンサーサイト