京都市長選、無所属新人4人が届け出 裏金事件後、初の大型選挙

京都市長選
2024年1月21日、京都市長選の告示日を迎え、いずれも無所属の新人4人が立候補を届け出た。
この選挙は、2023年11月に自民党派閥の政治資金パーティーを巡る裏金事件が発覚したことで、政権与党である自民党の支持率が低下する中で行われる。
主要政党レベルでは、共産党が現職の門川大作氏を擁立し、自民党は立候補者を擁立していない。
一方、無所属の新人4人は、いずれも京都市の現状に危機感を抱き、政治改革や観光公害対策などの新たな政策を掲げて選挙戦に臨む。



任期満了に伴う京都市長選は21日告示され、午前8時半時点で、無所属新人4人が立候補を届け出た。主要政党レベルでは京都で長年続く「共産対非共産」の構図で争われるが、自民党派閥の政治資金パーティーを巡る裏金事件発覚後、初の大型選挙となり、「政治とカネ」の問題が選挙戦にどう影響するか注目される。投開票は2月4日。







https://news.livedoor.com/article/detail/25736091/


京都市長選、無所属新人4人が届け出 裏金事件後、初の大型選挙

おい、京都市民の皆さん、聞いてるか?

京都市長選が告示されたんやけど、なんと無所属の新人が4人も立候補してるんや。

なんやねん、これ。

裏金事件で、京都市の政治はどん底に落ちたはずやのに、まだこんな奴らが立候補するなんて、なんちゅう話やねん。

この4人、一体何をしてくれるんや?

観光公害や人口減少対策、そんな問題を解決してくれるんやったら、もうちょっとちゃんとした政治家が立候補するはずやろ。

こいつら、ただ単に、政治家になって金儲けしたいだけやろ。

京都市民の皆さん、くれぐれも、こんな奴らに騙されないように。

ちゃんとした政治家を選んで、京都市を立て直しましょう。





スポンサーサイト