1月1日、石川県志賀町で震度7を観測する能登半島地震が発生!

「プッシュ型支援」とは、被災地自治体の要望を待たずに、政府が必要な物資を送り届ける支援のことです。岸田首相は、水や食料、毛布などの物資を空輸や海路で被災地に送るよう指示しました。


岸田文雄首相は2日、石川県志賀町で震度7を観測した能登半島地震を受け、官邸で開いた非常災害対策本部会議で「建物の崩壊などによる被害者は一刻も早く救出する必要がある」として救命、救助に全力を尽くすよう指示した。被災地の要望を待たない「プッシュ型支援」を活用し、食料など必要物資の確保、医療提供、インフラ復旧など先手の被災者支援に取り組むよう関係省庁に求めた。





首相は1日、早急に被害状況を把握するよう関係省庁に指示。松村祥史防災担当相をトップとする特定災害対策本部をいったん設置し、夜になって自らが本部長を務める非常災害対策本部に格上げした。





https://news.livedoor.com/article/detail/25633159/


ええええ、能登半島で地震やないかーい!しかも震度7って、めっちゃえらいやん。

能登半島は、日本海側のど真ん中やからな。津波も心配や。

被害が出た人や、今も不安で過ごしてる人がたくさんいると思うんやけど、早くみんなが安全に暮らせるようになるといいな。

俺も、できることがあれば、力になりたいな。

能登半島のみなさん、どうかお気をつけて。





スポンサーサイト