政府、生成AIのリスク研究拠点新設へ

文章や画像を作り出す仕組み解明し、偽情報流布や著作権侵害の防止につなげる
政府は、来年4月にも、生成AI(人工知能)の開発に伴うリスクについて研究する拠点を新設する方針を固めた。生成AIは、膨大なデータから学習し、文章や画像を作り出す技術だ。近年、精度が向上し、さまざまな分野で活用が進んでいる。



政府は来年4月にも、生成AI(人工知能)の開発に伴うリスクについて研究する拠点を新設する方針を固めた。

生成AIの開発に取り組む民間企業に研究成果を提供することで、偽情報の流布や著作権侵害の防止につなげる。複数の政府関係者が明らかにした。



ええやん、政府が生成AIのリスク研究拠点を新設するって。

生成AIって、文章や画像を自動生成するAIやね。最近は、文章や画像の生成技術が急速に進歩して、人間が書いたものと見分けがつかないほどのものも出てきている。

その一方で、生成AIには、偽情報の流布や著作権侵害などのリスクも指摘されている。

今回、政府が研究拠点を新設することによって、生成AIのリスクを早期に把握し、対策を講じることができるようになる。これは、とても良いことやと思う。





スポンサーサイト