国家公務員の定員、来年度100人増 超過勤務の緩和に本腰

政府は2024年度に国家公務員の定員を100人増やす。国会答弁作成などの超過勤務の緩和を目的としており、残業対策を目的とした定員増は初めてとなる。
政府はこれまで、国家公務員の定員を減らす一方で、業務量を増やす施策を進めてきた。その結果、多くの国家公務員が長時間労働に追われ、過労死などの問題が浮き彫りになっていた。



政府は2024年度に国家公務員の定員を100人増やし、超過勤務の緩和に本腰を入れる。

内閣人事局によると、残業対策を目的とした定員増は初めて。国家公務員離れの一因とされる長時間労働の抑制につなげたい考えだ。



なるほど、来年度から国家公務員の定員が100人増え、超過勤務の緩和に本腰を入れるとのことや。

まぁ、そらそうやろな。国家公務員の超過勤務は、もはや社会問題になってるからね。

特に、霞が関の官僚は、残業が当たり前みたいな風潮があって、そのせいで心身に不調をきたす人も少なくないんやろうな。

今回の増員で、超過勤務が少しでも緩和されるとええな。

ただ、定員を増やすだけでは、根本的な解決にはならないんや。

仕事の効率化や、ワークライフバランスの充実など、根本的な対策も必要やと思うわ。

いずれにせよ、今回の増員は、良い方向への一歩やと言えるやろ。

期待したいところや。





スポンサーサイト