高島屋のクリスマスケーキ、崩れるだけでなく「おせちみたい」と苦情も

高島屋がオンラインで販売したクリスマスケーキが崩れていた問題で、新たに「おせちみたい」という苦情が寄せられたことがわかった。
ケーキは、クリスマスツリーをイメージしたデザインで、高さ約30cm、直径約15cm。しかし、配送時に一部が崩れ、ツリーの形が崩れていた。



高島屋がオンラインで販売したクリスマスケーキが崩れていた問題で、ケーキを監修したシェフに対する苦情の電話が相次いでいるということです。また、お正月に向けておせちの配送が始まりますが、注文した人たちからは「不安の声」が寄せられているということです。





「(Q.おせちを出すことに不安は?)毎年、20年くらいやっていることなんで、今までそういう事故は1回もない。20年間」



https://news.livedoor.com/article/detail/25618210/


なにや、高島屋のクリスマスケーキが、崩れるんやったら、そりゃあ、あかんわな。

クリスマスケーキは、クリスマスの日に、家族や恋人と一緒に食べる、特別なケーキやもん。それが崩れてたら、せっかくのクリスマスが台無しや。

しかも、おせちみたいって、なんやそれ?

クリスマスケーキは、クリスマスツリーの飾りみたいに、キラキラしてて、華やかで、おいしいのが当たり前やん。それが、おせちみたいって言われても、なんも嬉しくないわ。

高島屋のクリスマスケーキを買った人は、本当に残念やと思う。

高島屋は、高級百貨店やし、クリスマスケーキも、おいしくて、見た目もキレイで、特別なものやと思ってたのに、こんなことになって、ほんまに残念や。

高島屋は、今回の件をしっかり調査して、原因を究明して、二度とこんなことがないようにしてほしい。

そして、クリスマスケーキを買った人たちには、しっかりと謝罪して、お詫びの気持ちを伝えてほしい。





スポンサーサイト