与党議員「針のむしろ」 自民裏金疑惑、国会議員会館に家宅捜索

自民党派閥の裏金疑惑を巡り、27日、国会議員会館に家宅捜索が入りました。捜査の対象となったのは、自民党の池田佳隆衆議院議員の事務所です。
この捜索を受け、与党議員の間では動揺が広がっています。ある議員は「国会議員会館にまで捜索が入るのは、異常なことだ。自民党への信頼が失われるだろう」と述べました。



自民党派閥の裏金疑惑を巡り27日、国会議員会館にまで家宅捜索が入ったことに与党内は騒然とした。年末年始の地元回りを控える議員たちは「針のむしろだ」と頭を抱え、岸田文雄首相の政治改革に向けた動きの鈍さを批判した。





【図で解説】そもそも…今回の疑惑の構図 「捜査機関の関わる事柄で、政府としてはお答えは差し控えたい」。林芳正官房長官は27日の記者会見で、衆院第2議員会館内にある安倍派の池田佳隆衆院議員(比例東海)事務所への捜索について問われ、こうかわさざるを得なかった。渡海紀三朗政調会長は記者団に「深刻に考えなければいけない。国民の不信解消のために全力を挙げて努力をする」と語った。





 衆参で計3棟ある議員会館は国会施設と位置づけられ、家宅捜索には国会側との事前調整が必要だ。このため捜索は派閥事務所止まりになるのではとの見方もあっただけに、与党は動揺を隠せないでいる。 与党幹部は、年末年始に多くの議員が地元入りすることを念頭に「地元では冷たい目で見られるが、回らないわけにもいかない」と語った。公明中堅も、地元での街頭演説中に「自民を支えていないで連立から抜けるべきだ」と批判を受けると渋い表情を見せた。 首相は年明けに信頼回復に向けた新組織を立ち上げると表明済みだが、具体策は見えてこない。与党幹部は「首相はもっと指導力を発揮してほしい」と批判。「所詮、安倍派の問題として見ているんじゃないか。国民は自民党の問題として見ている。痛い目に遭う」と突き放した。2024年7月に東京都知事選を控える東京選出議員は「岸田さんは(内閣支持率の)『低空飛行は慣れっこだ』と言うかもしれないが、重要な選挙を抱えた我々としては頭が痛い」と嘆いた。 野党は1月召集の通常国会で徹底追及する構えだ。立憲民主党の泉健太代表は27日、記者団に「首相自身が今こそ指導力を発揮するべきで、年を明けて新しい組織だと言っているが、あまりに遅すぎる」と批判した。【竹内望、中村紬葵】



https://news.livedoor.com/article/detail/25608692/


うわー、またかよ。自民党議員の裏金疑惑で、国会議員会館に家宅捜索って、ほんまにもううんざり。

今回の疑惑は、自民党の派閥が政治資金パーティーの収入を政治資金収支報告書に過少記載したというもの。もし事実なら、政治資金規正法違反に当たる。

自民党は、この疑惑を「事実無根」と否定しているけど、信じる人はどれくらいいるんやろう。

与党議員が裏金疑惑で追及されるなんて、国民の信頼を失墜させるだけ。政治家は、国民の税金で給料をもらっているんやから、もっと誠実に仕事してほしいわ。

今回の捜査で、自民党議員の裏金疑惑が真実だと証明されれば、与党は大きなダメージを受けるだろう。

自民党は、この疑惑を真摯に受け止め、厳正に対処するべきやと思う。





スポンサーサイト