中国、懸案解決に消極姿勢

岸田首相が求めた邦人解放、ブイ撤去に応じず
日中関係、今後も厳しさ続く



中国の習近平国家主席が11月に米国で岸田文雄首相と会談した際、中国で拘束された邦人の早期解放や、中国が東シナ海に設置したブイの撤去などの懸案を巡り、解決に消極的だったことが分かった。複数の日中関係筋が27日、明らかにした。日中両政府は習氏の反応を伏せており、やりとりの詳細は判明していなかった。冷え込んだ日中関係の立て直しが容易ではない実態が浮き彫りになった。





中国は東京電力福島第1原発の処理水海洋放出に強く反発。習氏は国内の反日感情などを考慮し、本格的な関係改善を急ぐ必要はないと判断している可能性がある。日本側は11月の会談後、戦略的互恵関係の包括的な推進を再確認したと発表している。



https://news.livedoor.com/article/detail/25608866/


中国、懸案解決に消極姿勢って、なんやねん。

邦人の早期解放も、東シナ海のブイ撤去も、日本としては当然の要求やのに。

中国は、もうちょっと国際社会のルールを守れよ。





スポンサーサイト