岸田首相、3月上旬に米国を国賓訪問へ

岸田文雄首相が、3月上旬に国賓として米国を訪問する方向で調整が進んでいることがわかった。国賓待遇による首相の訪米は、2015年の安倍晋三首相以来、9年ぶりとなる。
首相は、バイデン米大統領との首脳会談で、日米同盟の強化や、ロシアのウクライナ侵攻への対応、気候変動対策などについて議論する見通しだ。



日米両政府が岸田文雄首相の国賓待遇による米国訪問について、2024年3月上旬の日程で調整を進めていることが分かった。複数の日米関係者が25日、明らかにした。日本の国会審議や政治情勢、米国の大統領選や議会の日程などを見極めながら最終判断する。国賓待遇での首相訪米が実現すれば、オバマ政権下だった15年の安倍晋三氏以来。





首相はバイデン大統領と会談し、日米同盟を一層深化させる意向を伝え、経済安全保障、宇宙・サイバーなどの分野で揺るぎない結束を示したい考え。数日間滞在し、米議会などでの演説や、首都ワシントン以外への訪問も検討するとみられる。



https://news.livedoor.com/article/detail/25596771/


岸田首相が3月上旬に米国を国賓訪問するって、ええやん!

日米同盟は、日本の安全保障の基盤やけん、岸田首相がバイデン大統領と直接会談して、日米同盟の強化を話し合うのは、めっちゃ大事やと思う。

特に、ウクライナ情勢や中国の軍事的台頭など、国際情勢が不安定な中、日米の連携はますます重要になってくるんや。

岸田首相は、防衛力強化や経済協力など、日米関係の深化を進めたいと言ってる。

国賓訪問で、バイデン大統領に日本の真剣な姿勢を示すとともに、日米同盟のさらなる強化に向けた具体的な取り組みを打ち出してもらいたいな。

また、岸田首相は、米議会での演説も検討してるんや。

これは、日本の立場や考えを直接アメリカ国民に伝える絶好の機会やと思う。

岸田首相には、堂々とした演説で、日本の存在感をアピールしてもらいたいな。

岸田首相の訪米が、日米同盟の更なる強化と、日本の国際的なプレゼンスの向上につながることを期待したい。





スポンサーサイト