河野洋平元議長の口述記録、27日公開

政治改革の舞台裏、語る
河野洋平元衆議院議長の口述記録が、27日に衆議院のホームページで公開される。リクルート事件後の政治改革をめぐる当時の状況や、小選挙区制導入の議論など、河野氏の回想が収録されている。



衆院が、河野洋平元議長(86)にインタビューした口述記録を27日にホームページ(HP)で公開することが分かった。歴史的な出来事の当事者の証言を残そうと始めた「オーラルヒストリー」と呼ばれる調査で、公開するのは河野氏の記録が初めて。1994年に野党の自民党総裁として当時の細川護熙首相と合意した政治改革関連法成立を巡る回想も含まれる。関係者が24日、明らかにした。





リクルート事件などを踏まえた両氏の合意により、小選挙区制導入の他、企業・団体献金を制限する改正政治資金規正法が成立した。自民派閥の裏金事件を受け、改革に関わった河野氏の回想が注目されそうだ。



https://news.livedoor.com/article/detail/25589490/


河野洋平元議長の口述記録が27日に公開されるって、ええやん。

河野元議長は、リクルート事件をきっかけに、小選挙区制の導入や政治資金規正法の改正など、日本の政治改革に大きく貢献した人。その河野元議長の口述記録が公開されるんやから、歴史的にも貴重な資料になるで。

河野元議長は、当時の政治の裏側や、改革を実現するために苦労したことなど、いろいろなことが語られていると思うで。その証言を聞いて、今の日本の政治をより深く理解できるようになると思うわ。

また、河野元議長の生き方や、政治に対する考え方など、若い世代にとっても学ぶことも多いと思うわ。

ぜひ、多くの人に読んでもらいたいわ。





スポンサーサイト