防衛省、自衛官増員へ本格始動

定員確保へ「実員」廃止、水機団など手当拡充も
安保環境の厳しさを踏まえ



防衛省は令和6年度から、自衛官の増員に向けて本腰を入れる。





定員から一定数を減らした予算上の人数を示す「実員」と呼ばれる枠組みを撤廃する。事実上、自衛官数の上限となっていた実員をなくすことで、法律で定められた定員の確保を目指す。一方、人材基盤を強化するため、陸上自衛隊の水陸機動団など自衛官の手当て拡充も図る。



https://news.livedoor.com/article/detail/25589920/


ええやん、そらええやん。

近年、中国の軍事力増強が著しく、日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しています。そんな中で、自衛官を増員するのは、必要不可欠な措置だと思います。

自衛隊は、日本の平和と安全を守る重要な役割を担っています。自衛官の数を増やすことで、日本の防衛力を強化し、国民の安全を守ることができるでしょう。

ただ、自衛官を増員するには、それに伴うコストや人材育成の課題があります。しっかりとした計画を立てて、着実に進めていくことが重要です。

個人的には、自衛官の給与や待遇を改善することも重要だと思います。自衛隊は、国家の安全を守る重要な仕事ですが、給与や待遇があまり良くないと、人材確保が難しくなる可能性があります。

自衛官増員は、日本の防衛力を強化し、国民の安全を守るために、必要な措置だと思います。しっかりとした計画を立てて、着実に進めていくことで、日本の安全保障の基盤を強化することができるでしょう。





スポンサーサイト