リニア開業遅れ、山梨で部分開通待望論高まる

山梨県内で、リニア中央新幹線の部分利用の待望論が高まっている。
当初は2027年に東京と名古屋を結ぶ予定だったリニアの開業は、2037年以降にずれ込む見通しとなった。これを受け、山梨県内では、東京と甲府を結ぶ部分開通を早期に実現してほしいという声が広がっている。



山梨県内で、リニア中央新幹線の部分利用の待望論が高まってきた。





長崎幸太郎知事は「全線開通が大前提だが(品川・甲府間の)部分開通は歓迎」と表明したほか、甲府商工会議所は甲府市に建設予定の山梨県駅をリニア実験線駅として観光に役立てる先行利用を要望している。静岡工区の着工が遅れを理由に、JR東海が、リニア中央新幹線の品川-名古屋間の工事完了時期をこれまでの「令和9年」から「令和9年以降」に変更するなど大幅な開業遅れが確実視されてきたことが背景にある。



https://news.livedoor.com/article/detail/25583172/


リニア開業が遅れちゃって、山梨で部分開通待望論が高まってるみたいやな。

リニアは東京と名古屋を最速40分で結ぶ超高速鉄道やから、開業したら間違いなく便利になるんやろうけど、開業が遅れるのは残念やね。

特に山梨県はリニアの開業で大きな経済効果が見込まれているんやから、早く開業したい気持ちはよくわかる。

部分開通でもいいので、早く開業してほしいな。

静岡県の川勝知事がリニア工事着工を認めない理由はよくわからないけど、早く話し合いをして解決してほしい。

リニアは日本の未来を担うプロジェクトやから、早く開業して日本を元気にしてほしいな。





スポンサーサイト