二階派退会の小泉法相、野党が辞任要求 自見万博相も派閥離脱意向


小泉龍司法相と中野英幸法務政務官は20日、自民党派閥の政治資金パーティーを巡る問題で、志帥会(二階派)に東京地検特捜部の家宅捜索が入ったことを受け、二階派を退会した。法相には検事総長への指揮権があり、法務省の政務三役が同派にとどまるのは避けるべきだと判断した。これに対し、立憲民主党など野党側は20日、小泉氏の閣僚辞任を要求した。





【図で解説】そもそも…今回の疑惑の構図 自民関係者によると、二階派では自見英子万博担当相も今回の問題を受け、派閥を離脱する意向を示しており、派内で対応を検討している。





 岸田文雄首相は20日、首相官邸で記者団に対し、小泉氏について「引き続き職責を果たしてもらいたい」と述べ、法相を続投させる意向を示した。同じく家宅捜索を受けた安倍派に所属する閣僚を交代させたこととの整合性を問われ「どこの政策集団(派閥)がどうだということではなく、一人一人の事情や意向を踏まえて判断した」と述べた。 小泉氏は国会内で記者会見し「国民の目から見たときに誤解が生じないように派閥を退会した」と説明し「今時点で(離脱が)一時的だとは思っていない」と述べた。「与えられた職責をしっかり果たしたい」とし法相辞任は否定した。 野党側は20日、国会内で国対委員長会談を開き、小泉氏の閣僚辞任を要求することで一致した。これを受け、立憲の安住淳国対委員長は自民の西村明宏国対委員長代理らと会談し、早急な対応を求めた。 安住氏は記者団に「派閥離脱といってもまた二階派に戻るのでしょう。本当に派閥政治を抜けて、捜査に専念するとはとても思えない」と強調。「この人を(閣内に)置いたまま(年明けの)通常国会をスタートできるのか」とけん制した。【竹内望、飯田憲、安部志帆子、李舜】



https://news.livedoor.com/article/detail/25567519/






スポンサーサイト