タクシー業界と利用者の間で“格差是正”の議論が再燃

国土交通省は、ライドシェアの全面解禁になお慎重な姿勢を続けている。一方、ライドシェアの利用者は、タクシーよりも安価で便利なため、全面解禁を求める声が根強い。
ライドシェアとは、一般ドライバーが自家用車で客を有料で運ぶサービスだ。日本では、2022年に「相乗りタクシー」として一部地域で解禁された。しかし、タクシー業界はライドシェアの参入により、収益が減少するとして、全面解禁に反対している。



タクシー業界や業界に配慮する国土交通省と国会議員から長年タブー視されてきた、一般ドライバーが自家用車で客を有料で運ぶ「ライドシェア」が、20日のデジタル行財政改革会議で一部解禁されることになった。





しかし国交省は依然として安全確保を?錦の御旗?に掲げ、タクシー事業者に配慮して全面解禁には消極的な姿勢を鮮明にしている。超党派勉強会の国会議員や規制改革推進会議の委員などライドシェア推進派とのつばぜり合いは続きそうだ。



https://news.livedoor.com/article/detail/25567630/


タクシー業界と利用者の間で“格差是正”の議論が再燃したね。

タクシー業界は、近年の配車アプリの台頭や、コロナ禍による需要減などで、経営が厳しい状況にある。そのため、運賃の値上げや、割引サービスの廃止など、利用者への負担を増やす措置をとっている。





スポンサーサイト