日ASEAN特別首脳会議、開幕!

岸田首相、安保協力強化や人的交流促進を表明
ロシアのウクライナ侵攻や中国の軍事的台頭など、地域情勢の不安定化が進む中、日本とASEANの友好関係50周年を記念した特別首脳会議が16日、開幕しました。



日本とASEAN=東南アジア諸国連合の友好関係50周年を記念した特別首脳会議が、3日間の日程で都内で始まりました。岸田首相「日本とASEANが変わらず追い求めてきたものは『平和と繁栄』です。インド太平洋地域の平和と繁栄、そして『人間の尊厳』が守られる世界を共に創ってまいりましょう」岸田首相は、中国の強引な海洋進出を念頭に、安全保障分野などでASEANとの協力を強化する考えを示しました。









また、日本とASEANの間で今後10年間で1000万人以上を対象にした人的交流プログラムを立ち上げるとともに、若手ビジネスリーダーらの双方向の交流を促進すると表明しました。ある外務省幹部は、「今や、日本の若い人にとってスタートアップ企業のチャンスはアメリカのシリコンバレーではなくASEANにある」と指摘しています。特別首脳会議は、17日から本格的な議論が始まります。

日本とASEAN=東南アジア諸国連合の友好関係50周年を記念した特別首脳会議が、3日間の日程で都内で始まりました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25544090/


わぁ、日ASEAN特別首脳会議が開幕したんやな。

いやぁ、50周年って長いよね。日本とASEANは、経済、文化、安全保障など、幅広い分野で協力関係を築いてきました。これからも、お互いに助け合って、共に成長していってほしいですね。

特に、今はロシアのウクライナ侵攻や、中国の台頭など、世界情勢が不安定な時期です。そんな中で、日本とASEANが連携して、地域の平和と安定を守っていくことは、ますます重要になってくると思います。

岸田首相は、会議で「自由で開かれたインド太平洋の実現」を訴えました。ASEAN諸国とも、この目標を共有して、取り組みを進めてほしいですね。

わぁ、楽しみやなぁ。これからの3日間、どんな成果が生まれるのか、目が離せません!





スポンサーサイト