自民党派閥の政治資金問題で、石破元幹事長が岸田首相を批判

自民党の石破元幹事長は16日、BS朝日の番組に出演し、派閥の政治資金問題について、岸田首相の責任を問う発言をした。
石破氏は、問題の派閥は安倍氏や麻生氏など、首相の側近議員が所属する派閥であり、首相の「責任が全くない」とは言い切れないと主張した。また、首相が派閥の資金管理に直接関与していたかどうかは不明だが、首相の政治姿勢が問題の背景にあるのではないかと指摘した。



自民党の石破元幹事長はBS朝日の番組に出演し、派閥の政治資金問題で追及の矛先が岸田総理に向いていることについて「なんでも総理のせいにするのはいかがなものか」と指摘しました。





そのうえで、「総理大臣が政治資金規正法の改正や派閥の解消をはじめ、一つひとつを指示するわけにはいかない」と持論を述べ、党の姿勢が問われると強調しました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25544177/






スポンサーサイト