自民党最大派閥の安倍派が政治資金パーティー収入の一部を裏金にした疑惑で、東京地検特捜部が、所属議員数十人を一斉に聴取する見通し

政治資金規正法違反(不記載など)容疑で、特捜部は、安倍派の会計責任者から、パーティー収入の一部を還流した議員の氏名や金額を示す記録を入手した。
この記録によると、還流された金額は、直近5年間で計5億円に上る可能性があるという。



自民党派閥の政治資金パーティーを巡る問題で、東京地検特捜部が、最大派閥の清和政策研究会(安倍派)からパーティー券収入のノルマ超過分のキックバック(還流)を受け、裏金化していたとされる所属議員側を一斉に聴取する方針であることが関係者への取材で判明した。これまでは秘書らが主な聴取対象だったが、派閥幹部や議員本人にも広げる。安倍派では直近5年間で総額5億円が裏金に回された可能性があり、聴取対象は数十人に上るとみられる。





安倍派、悪質性が突出「5年5億円」「派閥指示」 安倍派(99人)では、所属議員がノルマを超えて集めた収入と、議員への還流分の支出がいずれも派閥の収支報告書に記載されていなかったとされる。議員側の収支報告書にも還流資金分が収入として記載されず、裏金化していた可能性がある。 政治資金規正法は、政治団体の収入や支出を収支報告書に正確に記載するよう会計責任者に義務付け、違反があった場合は3年以下の禁錮または50万円以下の罰金と定める。不記載や虚偽記載の立証には、額や資金の流れを確認する必要があり、特捜部はこれまで派閥の会計責任者や裏金を受領したとされる議員の秘書らに説明を求めてきた。報告書不記載「派閥側から指示」 複数の関係者によると、清和研では還流資金は現金でやり取りされ、議員本人が派閥側から受け取るケースがあったとされる。さらに、収支報告書に記載しないよう派閥側から指示もあったという。 同法は不記載、虚偽記載について会計責任者を処罰対象としているが、そうした会計処理に関わっていた政治家との共謀が成立する場合がある。特捜部は派閥内で組織的に裏金がやり取りされていたとみている模様で、歴代の事務総長ら派閥幹部らに説明を求めるとみられる。 また、派閥側だけでなく、裏金を受領したとされる議員側も還流資金分を記載しなかったとして同法違反に問われる可能性がある。最大で不記載額が5000万円規模に上る議員もいるとされ、特捜部は議員本人の刑事責任についても慎重に判断するとみられる。【井口慎太郎、北村秀徳、岩本桜、山田豊】



https://news.livedoor.com/article/detail/25526444/


や、このやっちゃあ。

安倍派って、自民党の最大派閥やろ。その派閥が、政治資金パーティーの収入を裏金にしてた疑惑なんやろ。

これは、ええことやないわ。政治家は、国民の代表や。国民の税金で給料ももらってる。そのお金を、裏金に使ってたら、それは国民の裏切りや。

しかも、安倍派は、安倍晋三元首相が率いる派閥やろ。安倍元首相は、日本の首相もやった人や。その派閥が、裏金疑惑で揺らいでたら、日本の政治の信頼も失墜するで。

特捜部は、しっかりと捜査して、裏金疑惑を解明してほしいわ。そして、もし裏金があったら、その責任をきちんと追及してほしいわ。





スポンサーサイト