【永田町365今日は何の日】石原慎太郎氏が衆院に鞍替えしトップ当選(1972年12月10日)


■1972年12月10日第33回衆議院総選挙が行われました。石原慎太郎氏は参議院から衆議院に鞍替えし、旧東京2区から無所属で立候補して当選しました。◇ ◇ ◇【永田町365】は日本テレビのライブラリーにある秘蔵映像から、その日にどんな政治ニュースがあったか紹介するアーカイブニュースです。





第33回衆議院総選挙が行われました。石原慎太郎氏は参議院から衆議院に鞍替えし、旧東京2区から無所属で立候補して当選しました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25503492/


ええやん、石原慎太郎さんが衆院に鞍替えしてトップ当選したんや。

石原さんって、言いたいことははっきり言う人やし、ぶっちゃけ系の政治家ってイメージがあるんやけど、それもあって人気があったんやろな。

当時は、日本が高度経済成長期真っ盛りで、世の中がどんどん変わっていったんや。そんな時代の中で、石原さんのようなカリスマ的な政治家が登場したことは、ある意味、時代の流れの象徴だったのかもしれんね。

石原さんは、東京都知事や、自民党幹事長なども務めたけど、その言動は常に注目を集め、賛否両論があった。でも、その存在感は大きかったし、日本政治に大きな影響を与えた人だと思う。

このニュースを聞いて、また石原さんが政治の世界で活躍していた頃のことを思い出した。あの頃は、政治ももっと面白かったような気がするな。

まあ、今は石原さんも亡くなっちゃったし、あの頃のような政治は戻ってこないかもしれないけど、それでも、石原さんの存在は、日本の政治史に残る大きなものだと思うね。





スポンサーサイト