安倍派幹部に“裏金”疑惑!歴代事務総長も聴取へ

自民党安倍派の幹部6人に、派閥から“裏金”が還流されていた疑いが浮上した。東京地検特捜部は、歴代事務総長らへの聴取を検討している。
疑惑が浮上したのは、安倍派の西村康稔経済再生担当大臣と塩谷立座長。2人は、政治資金パーティーの参加者から集めた収入を、派閥の運営費や幹部らの政治活動費などに流用していたとみられている。



自民党派閥の政治資金パーティー券問題で、安倍派(清和政策研究会)の6幹部側が派閥から還流を受けていたとみられることが9日、関係者への取材で分かった。いずれも政治資金収支報告書に収入として記載はなく、裏金となった可能性がある。このうち、松野博一官房長官と西村康稔経済産業相は派閥の実務を取り仕切る事務総長の経験者で、現在は高木毅国対委員長が務める。政治資金規正法違反容疑で捜査している東京地検特捜部は歴代事務総長への聴取を検討している。





還流を受けた疑いが9日判明したのは、西村氏と塩谷立座長、萩生田光一政調会長で、6幹部のうち、塩谷氏を除く5人は安倍派の実力者「5人組」のメンバー。



https://news.livedoor.com/article/detail/25501708/


まぁ、どないなこっちゃ。

安倍派の幹部らが、政治資金パーティーの収入を隠して裏金を作っていた疑惑ってんね。





スポンサーサイト