安倍派の“裏金疑惑”に新たな展開

自民党最大派閥・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、新たな疑惑が浮上した。
事務総長経験者もキックバックか



自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、事務総長経験のある複数の議員もキックバックを受けていたとみられることが新たに分かりました。   ◇7日、自民党・安倍派の議員が集まり議員総会が開かれました。そこで語られたのは、政治資金パーティーをめぐる問題への対応です。自民党安倍派 塩谷座長「パーティーの問題については、刑事告発されている案件でありますので、事実関係を慎重に調査確認して、適切に対応していく」









関係者の取材で、安倍派には、パーティー券を売った議員に対し、販売ノルマを超えた分を、収支報告書に記載せずにキックバックした疑いがあり、これまで、10人以上にのぼる議員が、キックバックを受けていたとみられることが分かっています。そして7日、新たに関係者への取材で、事務総長経験のある複数の議員も、収支報告書に記載せずにキックバックを受けていたとみられることが分かりました。――一部報道で会計責任者が、事務総長に一部収入をキックバックと自民党安倍派 塩谷座長「いや、分かりません。分かりません。さっき総会で話した通りで、それ以外はありません」   ◇現在の事務総長、高木氏は…自民党安倍派 高木事務総長(自民党本部、7日)「あの…(塩谷)座長の話の通りです」前任の西村経済産業大臣も、詳しい説明を避けました。自民党安倍派 前事務総長 西村経産相(参・経済産業委員会、7日午後1時すぎ)「今はその派閥を代表する立場にはありませんので」事務総長経験者の松野官房長官にも質問が相次ぎました。――長官も事務総長経験者ですが(キックバックの)報告を受けたことは?自民党安倍派 元事務総長 松野官房長官(首相官邸、7日)「この場は政府の立場としてお答えしているものと認識しています」記者団は書面で個人として「会見を開くこと」を求めましたが、その要請には応じませんでした。野党は…共産党 小池書記局長(7日)「言語道断だと。派閥の事務をつかさどる仕事をしてきた者の責任として、きちんと答える。これ当然だと思います」東京地検特捜部は、臨時国会閉会後にも事務総長経験者への聴取も視野に、全容解明を進めるものとみられます。(12月7日放送『news zero』より)

自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、事務総長経験のある複数の議員もキックバックを受けていたとみられることが新たに分かりました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25492011/


えええ、またかよ!

安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、また新たな疑惑が浮上したんやな。

今度は、事務総長経験者もキックバックを受けていた疑いが出てきたらしい。

事務総長って、派閥のナンバー2やろ?

そやったら、キックバックの指示を出していた可能性もあるんちゃうか?

もし、そうなったら、安倍派の体質そのものが腐敗しているってことになるやろ。

国民の信頼を失いかねない、重大な問題やな。

早く真相が明らかになることを願うわ。

もし、キックバックがあったとしたら、関係者は厳重な処分を受けるべきやろ。

政治家は、国民から選ばれた公僕や。

国民の信頼を裏切るようなことは、絶対に許されない。

この問題をきっかけに、政治資金の透明化が進むことを期待したいわ。

国民は、政治家たちがどのようにお金を使っているのか、しっかりと知る権利がある。

政治資金の不正をなくすために、政治家と国民が協力して取り組んでいく必要があるやろうね。





スポンサーサイト