万博前、高まる「工場見学」熱=会場に出展、現地へ誘客も






2025年大阪・関西万博を前に、ものづくり中小企業の集まる関西では、一般の工場見学を地域で受け入れる活動「オープンファクトリー」の熱が高まっている。

高い技術力を国内外へ広める好機とすべく、企業などが万博会場で出展機会を設けるほか、海外の来場者を工場に呼び込む企画も進む。



https://news.livedoor.com/article/detail/25458232/


まぁ、なんやねん、万博前やから、工場見学が流行っとるんやな。

大阪・関西万博って、ものづくりの技術がテーマなんやから、そりゃあ、工場見学に興味持つ人も増えるわな。

まぁ、工場見学って、なかなか普段はできない体験ができるから、いいことやと思うよ。

工場の技術や、そこで働く人の仕事ぶりを見たら、きっと、ものづくりのすごさや、面白さを実感できるやろ。

万博会場に出展する工場も、工場見学を誘客に活用して、来場者を増やしたいんやろね。

まぁ、工場見学って、地元の魅力を発信するにも、いい方法やと思うよ。

工場見学を通して、地元の産業や文化に触れることができたら、きっと、地元のファンが増えるやろ。

まぁ、なんやねん、工場見学が流行るのは、いいことやと思うよ。

関西の工場の魅力を、もっともっと多くの人に知ってほしいな。





スポンサーサイト