日本も脱炭素に本腰、世界に大きな影響




岸田総理大臣は、気候変動対策について話し合う国連の会議「COP28」で、排出削減対策を講じていない石炭火力発電所の新設を停止すると表明しました。

これは、日本が従来、石炭火力を重視してきた姿勢を大きく転換するものであり、世界に大きな影響を与えると考えられます。

岸田総理は、演説の中で「気候変動は人類共通の課題であり、国際社会と連携して取り組む」と強調しました。また、「脱炭素の実現に向けて、再生可能エネルギーの導入を加速させ、石炭火力発電の依存度を低減していく」と述べました。




岸田総理大臣は気候変動対策について話し合う国連の会議「COP28」で演説し、今後、石炭火力発電所の新設を停止する方針を表明しました。

また、岸田総理は日本の技術の活用や気候変動の影響を受けやすい途上国への資金協力を表明しました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25456609/






スポンサーサイト