ブラックフライデーに対して冷ややかな反応 Z世代ならではの見解




ブラックフライデーは、アメリカ発祥の一大セールイベントだ。しかし、近年では、Z世代と呼ばれる1990年代後半から2010年代生まれの若者たちが、ブラックフライデーに冷ややかな反応を見せている。

その理由は、Z世代が「モノよりも体験を重視する」傾向にあるからだ。Z世代は、物質的な豊かさよりも、自分の価値観や生き方に合った体験を重視する。そのため、ブラックフライデーのような、大量消費を促すイベントに興味を持たないのだ。

また、Z世代は、ネットを活用する世代でもある。そのため、セール情報はいつでも手に入る。そのため、ブラックフライデーに限らず、セールのタイミングを狙って買い物をする習慣は、あまりないようだ。




Cartoonがパーソナリティを務めるinterfmで放送中のラジオ番組「sensor」(毎週金曜19:00-22:00放送)。番組コーナー「NY Future Lab」では、これからの時代の主役となる「Z世代」と「ミレニアル世代」にフォーカス。アメリカの若者たちが普段何を考え、何に影響を受け、どのような性質や特徴があるのかなどについて、Z世代・ミレニアル世代評論家のシェリーめぐみが座談会形式で彼ら、彼女らの本音を引き出していきます。





11月24日(金)のテーマは、「Z世代は感謝祭のターキーにもブラックフライデーにも興味がないって本当?」。「NY Future Lab」のメンバーが、感謝祭への考え方やブラックフライデーで買いたいものを語り合いました。



https://news.livedoor.com/article/detail/25456694/


ブラックフライデーって、アメリカ発祥のセールイベントやろ。日本のマスコミとかでもよく取り上げられて、毎年盛り上がってるみたいやけど、Z世代の間では冷ややかな反応なんやて。

Z世代って、モノよりも体験を重視する世代やっていうんや。だから、欲しいものがあっても、セールだからって無理して買う必要はないんや。また、ネットを活用する世代やから、セール情報を簡単に入手できるし、セールじゃない時期でも安く買える方法を知っていたりするんや。

そんなZ世代の意見って、なるほどなって思うわ。モノをたくさん買うことが幸せじゃないし、セールって、結局は消費者に買い物を促すためのマーケティングの手段やん。

ブラックフライデーは、セールを楽しむ人にとってはいい機会やけど、無理して買い物しなくてもいいんやと思う。モノよりも、自分の時間を大切にしたり、体験を重視したりしたほうが、人生はもっと豊かになるんちゃうかな。

って、個人的には思うわ。

あ、あと、ブラックフライデーって、店内が混雑したり、トラブルが起きたりすることもあるんやて。そういうリスクも考えて、参加するかどうかを決めたほうがいいんちゃうかな。





スポンサーサイト