東京に水素取引所が誕生する!




東京都の小池百合子知事は、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれている国連気候変動会議(COP28)で、東京に水素取引所を立ち上げる取り組みを進める意向を表明した。

水素は、再生可能エネルギー由来の「グリーン水素」であれば、CO2を排出せずにエネルギーを供給できるため、脱炭素社会の実現に欠かせないエネルギー源と期待されている。

東京に水素取引所が誕生すれば、国内外の水素事業者や投資家が水素を売買する場が整い、水素の普及と市場の拡大につながると期待される。




アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれている国連気候変動会議(COP28)の会合で、東京都の小池百合子知事が1日、「東京に水素取引所を立ち上げる取り組みを進める」と表明した。

【写真】COP27では川崎港から「水素パイプライン」構想 小池知事 再生可能エネルギー由来で環境負荷が小さい「グリーン水素」の活用を促す狙いがある。 都によると、独政府などの出資で設立された財団「H2グローバル」と連携する。同国でも近く、水素取引所が設置される予定という。 グリーン水素には現在、取引価格などを定める仕組みが整っておらず、活用促進にはこうした整備が必要と判断。都主導の取引所設置で取引を透明化することにより、投資リスクを低減させたり価格を明確化させたりする効果が期待できるとしている。時期など詳細は未定。



https://news.livedoor.com/article/detail/25457324/


ええやん!東京に水素取引所が誕生するって。すげええ!

水素はクリーンエネルギーとして注目されてるけど、まだ普及が進んでないんや。でも、水素取引所が誕生したら、水素の価格が安定して、普及につながるやろな。

水素は、発電や輸送、産業など、さまざまな分野で活用できる。水素取引所が誕生することで、水素の新たな活用方法が生まれてくるかもしれん。

水素は、日本のエネルギー自給率を高めるためにも重要なエネルギー源。水素取引所の誕生は、日本のエネルギー政策にとっても大きな一歩やと思う。

大阪から東京まで、水素で車を走らせたいな。





スポンサーサイト