岸田首相、エジプトに340億円支援を検討!ガザ情勢の安定化へ




岸田文雄首相は1日夜、訪問先のドバイでエジプトのシシ大統領と会談し、イスラエルとイスラム組織ハマスの衝突で観光客減少などの影響を受けているエジプトに、最大約2・3億ドル(約340億円)の財政支援を検討する考えを伝えた。

岸田首相は会談で、エジプトがガザへの人道支援物資搬入などに尽力していることを評価し、「極めて重要な役割を果たしていることに敬意を表する」と述べた。また、エジプトに財政支援を行うことで、ガザ情勢の安定化に貢献したいとの考えを示した。

エジプトはガザの封鎖を緩和するなど、両者の対立緩和に努めてきた。岸田首相の支援表明は、エジプトの努力を後押しするとともに、ガザ情勢の安定化に向けた日本政府の姿勢を示すものと言える。




岸田文雄首相は1日夜(日本時間2日未明)、訪問先のアラブ首長国連邦(UAE)ドバイで、エジプトのシシ大統領と会談した。岸田首相はパレスチナ自治区ガザ地区への支援物資搬入などで隣国エジプトが「極めて重要な役割を果たしている」と評価。厳しい財政状況にあるエジプトに対し、最大約2・3億ドル(約340億円)の支援を検討すると伝えた。

【写真】ハマスに拉致され、他人の服を着てうつむく娘の写真がSNSに… 会談は夕食会形式で約90分間行われた。岸田首相はイスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘再開について「残念だ」と語り、「事態の沈静化が重要だ」との認識を表明。民間人の被害を防ぐため「あらゆる措置を講じる必要がある」とし、エジプトの更なる役割への期待を伝えた。 シシ大統領は、ガザ地区の人道状況改善に向けた日本の支援に感謝を表明した上で、戦闘休止を恒久的な停戦につなげる努力の重要性を強調。「国際社会がパレスチナ問題の公正かつ包括的な解決に向けて真剣に行動することが必要だ」と語った。【ドバイ畠山哲郎】



https://news.livedoor.com/article/detail/25457091/


岸田首相、エジプトに340億円支援するって?ええなあ、ええなあ。

ガザ情勢は、イスラエルとハマスの衝突で、民間人の被害が相次いでいて、マジでヤバい状態やからな。そんな時に、日本がエジプトに支援するって、めっちゃええことやと思うわ。

エジプトは、ガザ地区と国境を接していて、仲介役として重要な役割を果たしてるんや。今回の支援は、エジプトの財政を支えるだけでなく、ガザ情勢の安定化にもつながると思うわ。

岸田首相、ナイスな判断やで!

ほんで、340億円って、けっこう大きな額やな。日本も、中東情勢に積極的に取り組んでるってアピールできるんちゃうかな。

今後も、日本が中東の平和と安定のために、積極的に貢献していくことを期待したいわ。

というわけで、岸田首相の今回の決断は、めっちゃええことやと思うわ。支持するで!





スポンサーサイト