日本製武器、海外に輸出される時代がやってくる




自民、公明両党は29日、防衛装備品の輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針見直しに関する実務者協議を開き、外国企業のライセンスを使用して国内生産する装備品に関し、ライセンス元の同意を条件に第三国への輸出を認める方向で一致した。

これまで、日本は防衛装備品の輸出を原則禁止としてきた。しかし、ウクライナ情勢を踏まえて、防衛装備の輸出拡大を検討してきた。

今回の決定により、日本製武器が海外に輸出されるようになる。具体的には、米国のライセンス品である「改良ホーク」や、英国の「155ミリりゅう弾」などが対象となりそうだ。




自民、公明両党は29日、防衛装備品の輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針見直しに関する実務者協議を開き、外国企業のライセンスを使用して国内生産する装備品に関し、ライセンス元の同意を条件に第三国への輸出を認める方向で一致した。

ただ、「現に戦闘行為が行われている国・地域」への輸出は認めず、ウクライナやイスラエルなどは対象外とする方向で調整する。



https://news.livedoor.com/article/detail/25441433/


日本の防衛力強化につながる

日本の技術力や経済力をアピールできる

新たな雇用を生み出す

一方で、

戦争の拡大や紛争の激化につながる可能性がある

日本が戦争に巻き込まれるリスクがある

というリスクもある。

これらのリスクを十分に検討した上で、安全保障や国際社会に貢献できるような輸出を進めてほしい。





スポンサーサイト